おそろし/宮部みゆき

アクセサリーが欲しい。下着が欲しい。白い服が欲しい。

最近また物欲が沸々とわいてきてる。でも思うようなのが見つからない!!

 

なんか無性に本が読みたくなって、久しぶりに文庫本買った。宮部みゆきさんの「おそろし」。ソロモンの偽証、あとは短編集とかしか読んだことなかったけど、どっちも面白かったし、宮部みゆきといえば時代小説!って人もいるくらいだから気になってた。

本の感想を書くのは下手なんで割愛。でも面白くて、一気に読んでしまった。このシリーズで何冊か出てるし、もう次も読む気満々。ちょっとホラー?要素もあり、基本的に夜、寝る前に間接照明にして読むので結構不気味だった。笑

でもただ怖いとか訳のわからない現象が起こる、ってことではなくて、全部自分や人の感情だったり心の持ちようだったりが引き起こした出来事で、それ巻き込まれる…という風に感じた。うーん、うまく言えない。

 

今年は十二国記の続編も遂に出るようで、そっちも楽しみだ!

 

 

JUGEMテーマ:自分が読んだ本

 

スポンサーサイト

コメント