レオン

0


    レオン観とるー。

    ナタリー・ポートマンどんだけかわいいねん。


    明日も明後日も仕事やだな。

    友達にはもう休みの人たちもいるというのに…。せめて金曜休みだったらば9連休やのにね。


    いろいろとお金がいる。ほしい。なんかいい副業とかないもんか。いやそんなん考えんでいいように給料あげてくれー会社というよりもはや日本の問題ちゃうこれ。


    ゆるりな休日

    0


      昨日引きこもったので朝からぶらぶら〜。

      お昼、いつもいっぱいなナナズグリーンティ空いてたから入った。カジキの出汁茶漬け。おいし〜。たまにはあったかいもの食べるのも良き。お飲み物はせっかくなので抹茶ラテ。これまたおいし〜。抹茶ラテ久しぶりに飲んだな。これも良き。


      色々みたけど結局は春物がセールになってたキュプラのパンツを購入。秋冬に良さそう。かわいかったし、半額だったし、お店のお姉さんが感じよくてまんまと買っちゃった。

      もうさすがに夏物には心動かんね〜。GUかユニクロで適当に着れる夏物探したけど、もう秋物にかわってきてた。早いね!


      それより小物が欲しいんだよ〜!

      固めのバッグが欲しい。財布とアクセサリーも欲しいし、アウトレット行きたい。けど来週お盆休みかぁー。なかなかタイミングなく悔しい。行けるけどさ。あまりにも混んでる時はやだ。それがわかってればなおさら。今は我慢かな。


      そーいえばサンダル買った。

      踵ないやつ(踵にベルトととかない、つっかけ?的なやつ)嫌いだったけど、最近踵が擦れたりして痛い靴にしか当たらなくてそれが嫌で買ったのん。むっちゃかわいい。

      そして履きやすい…どこも痛くない。さすがsavasava。

      大丸で現物みたけど色がなくて、ネットで購入。めずらしく(というか初めてかも)白にした。涼しい!快適!たぶんこればっか履きまくる。


      もーすぐ〜お盆休みだよ。頑張ろう。頑張れるはずだ!暑くても休みが目前にあれば!


      ザ・サークル/テルマ&ルイーズ

      0

        『ザ・サークル』観ました。

        微妙だった。あんまり面白いとは思わなかったかな。

        まず登場人物全員に対して感じる、なんやこいつ感が消えることがなかった。題材としては面白くなりそうな感じだっただけに期待しすぎたかも。ネタバレになりますが死んでしまった幼馴染?が報われないというか、なんと言うか…。こんなことで死ぬなんて、観てるだけでも耐えられへんわ、と、モヤモヤした感じが残ったかなぁ。

         

        で、もう一本が『テルマ&ルイーズ』

        有名な映画だと思うけど初めて観た。観ててやきもき、(主にテルマに)したけど、結末は悲惨だけど、どこか爽快な気分にもなる映画。今とは時代が違うけど、表面化してなくても残ってる部分ってあると思うな、と感じました。

         

        もう一本追加で『アイ,ロボット』

        これは観たことあったけど何となくもう一回観てみようと思ったやつ。ウィル・スミスの映画やっぱ面白い。アクションが好きな私にはぼーっと観てるだけでも楽しい。これはロボットと人間の関係?を描いた映画で結構暗め・重めな内容。2004年公開とかだったかな?でも全然古く感じない。すごい。

         

         

        JUGEMテーマ:映画

         

        女神の見えざる手/天才スピヴェット

        0

           

          『女神の見えざる手』

          良かったなー。これよかったなー。好きな映画です。

          公開されたとき、観に行きたいと思ってたけど忙しさとしんどさで行けなかったやつ。

          いろんな人が上手にあらずじとか感想とか書いてる記事がたくさんあるから、気になった方はそれを検索して欲しい…。笑

          主演のジェシカ・チャスティンが美しや…ピッタリ。銃規制法案を軸に話が展開するから(でも本題はそれじゃない)日本では馴染みがないけど、ぐんぐん引き込まれるし、ラストは驚かされました。いい意味で。

          もう一回観よう。

           

          『天才スピヴェット』は寝る前に何気なく観たんやけどちょうどよかった。

          家族ものの話になるのかな?終始哀愁漂う感じだけどほっこりする映画でした。

           

           

          はぁー映画っていい。

           

           

          JUGEMテーマ:映画

           

          パンズ・ラビリンス

          0

             

            パコと魔法の絵本的なビジュアルだけど内容はとんでもない。子供が 観ていいやつじゃなかった。
            ダークファンタジーって括りで、映像美を押してる感じだったからどんなんかなーって軽い気持ちで観たけど、割と重かった。
            しかも下手なホラー映画よりよっぽどコエー!グロー!
            グロは苦手なんでちょっとだけ目を反らしたシーンもありました。

            でも、全体的には好きな映画。すごく良かった。
            単純なハッピーエンドではないし(私はバッドエンドだと感じた)ずーっと暗くて重い雰囲気やけど、いろんな角度から観れて、その時の観る側の気分によって解釈が変わるような最後は好きだった。まぁ結局はそうなるのね…というやるせない気持ちというか悪くいえば胸糞悪い感じやけど。笑

             

            個人的にはペイルマンのところがビジュアルとか緊迫感とか色々含めて一番お気に入り。

            既に何回かその部分だけ観たくらい。

             

            ほんとに序盤で、明らかにただの虫なのにそれを妖精と言ってしまう主人公ってところからもう、あー…これは現実逃避か、って感じてしまって切ない。けど、観てよかった作品でした。

             

             

            JUGEMテーマ:映画

             

            三鬼・孤宿の人/宮部みゆき

            0

              三島屋シリーズの続き、「三鬼」はあっという間に読み終わってしまって、今は「孤宿の人(上・下)」を読んでます。

              …というブログを書こうとして保存して、放置。孤宿の人もとっくに読み終わってます。

               

              どちらも時代小説だけど趣は随分違った。孤宿の人はどこまでも人しか出てこない。当たり前なんだけど、この世に起こる良いことも悪いことも、怨霊だの神様だのなんだのではなく、生きている人の内側の問題(自然災害以外は)という…。なんだかさぁ!すごく現実的というか、バッドエンドではないのかもしれないけど救いがない感じはしたなぁ。個人的には。でもやっぱりぐいぐい引き込まれて、あっという間に読み終えてしまった。次は何読もう…。

               

              最近仕事がしんどくないようでしんどい。うちの会社はモチベーションを下げる天才かよとたまに思う。いや割と思う。

               

               

              JUGEMテーマ:自分が読んだ本

               

              泣き童子/宮部みゆき

              0

                土曜日は天気が荒れてて引きこもりだったんで、一気読みしてしまった。

                 

                やっぱり面白かった。

                今回は「小雪舞う日の怪談語り」と「節気顔」が印象に残ったお話。小雪舞う〜は、怪談語りの会があって、招かれた客が怪談を語ったり聞いたりする、という内容。その中の話が気になった訳ではなく、主人公のおちかが怪談語りの会への行きがけ、帰りがけに体験した怪異の方にほっこりして印象に残った好きなお話。

                節気顔はまぁ、時代関係なく考えることがあるな、という話。この三島屋シリーズ最初の「おそろし」と繋がってたのも、お!という感じでした。

                 

                そして昨日かな?ちょうどこのシリーズの続きの「三鬼」が文庫化されたみたいだったんで、さっそく今日買いに行ってきましたよ!本が高くなってるなーとしみじみ感じた…。笑

                 

                 

                なんだか最近お金の使い方がうまくいってないというか、納得できる買い物ができてないな。あ、本は除いて。なんだろこれ〜。梅雨のせいかな。気分のせいかな。欲しい服とかアクセサリもあんまないし。うーん迷走してる。なんでだろ〜。なんか、燻ってる。じっとしとくべきなのか、とりあえす空回っても行動すべきなのか、どうなんだろか。

                答えは出るはずないけどさ。そんな最近。

                 

                 

                JUGEMテーマ:自分が読んだ本

                 

                お化粧品の話でも

                0

                  最近、プレゼントとかで基礎化粧品含め化粧品をいただくことが多くて…。

                  自分では普段ほとんど百貨店とかでは買わず、薬局でもカウンセリングは特に受けず自分でじっくり見るのが好きなんだけど、やっぱりデパコスはテンション上がる。笑

                  貰うと自分でも見に行きたくなったりするから困るね…。

                   

                  で、欲しいものはたくさんあるんだが!

                  最近気になってたエクセルのスキンティントセラム!金曜日、午後半休とってたから見に行ったけど、もーね!悔しい!いい感じなんだよ、使用感は。乾燥肌気味の私にはきっとすごくいいだろうという感じで。…ただ、色が暗いよね!暗いというか黄色みが強いというか…。よくある、こういうの。ドラッグストアとかの所謂プチプラコスメ(私の中でプチプラはセザンヌとかキャンメとかであってエクセルは高い方と認識してるけど)は色味がないんだよなぁ。悲しい。

                  肌の色が中途半端で、青白いと言われる色白(で、赤ら顔)やけど、外資系じゃ白すぎる。でも日本人向けじゃくすむ。という次第で…。真っ白なお粉にしたらいけるかなぁ。うーん。毎回そう思って見に行くけどなかなか勇気でず、結局買わずに帰る、を繰り返す。誰かいいファンデを教えてくれないかしら〜。口紅も欲しいよう。

                   

                  今日は天気がすごい荒れてるから引きこもり。肌の調子も悪いし。

                  明日は出かけたいな。ZARAのスカートも届いたし、履くの楽しみだ。

                   

                  あんじゅう/宮部みゆき

                  0

                    「おそろし」を読み終えてすぐに本屋さんへ行きました。

                    この人の文章ってすごく読ませる。登場人物も舞台も自分の目の前に広がってるみたいに鮮やかに見える感じすらする。とにかくどっぷりハマってしまったので、すぐに買いました。「あんじゅう」。

                    前回よりは怖さは薄めかな?表題作の「あんじゅう」は可愛らしくて、でもすごく切なくて、なんだか無性に寂しくなる、でもあったかくもなるお話。そしてこの物語には珍しく(?)お旱さんの話は明るくて爽やかな感じがして結構お気に入りになったのでした。

                    三島屋の良い雰囲気がこっちにも伝わってくるようで心地よい。こんな職場いいな…。笑

                     

                    読み応えがあるボリュームも嬉しい。これ書いてる今はもうすでにこのシリーズの続き「泣き童子」を読んでます。

                    読み終えてしまいたくないけどゆっくりじっくり読めない!いつの間にかどんどん読んでいる。

                    これ読んじゃったら十二国記でるまで次は何読もうかな〜。

                     

                     

                    JUGEMテーマ:自分が読んだ本

                     

                    おそろし/宮部みゆき

                    0

                      アクセサリーが欲しい。下着が欲しい。白い服が欲しい。

                      最近また物欲が沸々とわいてきてる。でも思うようなのが見つからない!!

                       

                      なんか無性に本が読みたくなって、久しぶりに文庫本買った。宮部みゆきさんの「おそろし」。ソロモンの偽証、あとは短編集とかしか読んだことなかったけど、どっちも面白かったし、宮部みゆきといえば時代小説!って人もいるくらいだから気になってた。

                      本の感想を書くのは下手なんで割愛。でも面白くて、一気に読んでしまった。このシリーズで何冊か出てるし、もう次も読む気満々。ちょっとホラー?要素もあり、基本的に夜、寝る前に間接照明にして読むので結構不気味だった。笑

                      でもただ怖いとか訳のわからない現象が起こる、ってことではなくて、全部自分や人の感情だったり心の持ちようだったりが引き起こした出来事で、それ巻き込まれる…という風に感じた。うーん、うまく言えない。

                       

                      今年は十二国記の続編も遂に出るようで、そっちも楽しみだ!

                       

                       

                      JUGEMテーマ:自分が読んだ本

                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM